キレイにしてから売りに出そう!ロッド買取依頼のコツ|The Sale Recycle
HOME>注目記事>キレイにしてから売りに出そう!ロッド買取依頼のコツ

売りたいロッドがある

釣りに飽きてしまって釣具が家の肥やしとなっていませんか?ネットではロッド買取を専門にした業者がありますのでチェックしてみるといいですよ。どのようなロッドが高く売れるのか調べたので売る前の参考にしてみてください。

ロッド買取に関するQ&A

どこで買取ができるの?

ネットでは全国どこでも買取が可能です。宅配や写真で査定を行っているところもあるので探してみましょう。

買取の時に必要なものはある?

買取の時には身分証明書のコピーは総じて必要です。業者によっては申込み書類の提出をする業者もあります。

査定の金額がでるまではどのくらいかかるの?

業者によって様々ですが、2~3日以内に結果が来る事が多いです。

破損に気を付けよう

釣り道具

ロッド買取の際に、気を付けなければいけない事は色々ありますが、やはり査定額に差が出るのは、破損があるかどうかです。折れてしまった場合は論外ですが、意外に盲点になるのが、ガイドの破損や劣化です。最近はPEラインを道糸に使う場合も多く、ガイドリングとラインとの摩擦が激しくなって、中のリングが摩耗してしまう場合が多いです。ぱっと見た目には分かりにくいので、買取に出す前には、必ずガイドの破損についても、きちんと確認する様にしましょう。

クリーニングは必須

当り前ですが、ロッド全体のクリーニングは必須です。業者も人間ですから、やはり綺麗に使われていれば、持ち込んだ人の人となりも査定する事になるので、同じ物でも査定額に差が付くのです。今まで使って来た道具に感謝の気持ちを込めて綺麗にしてあげて下さい。その時に、ガイドリングの内側を指で触ってみる事で摩耗の程度や、劣化に気付く事もできます。もし、この時にそれに気付いたら、そのままにせず、見つかるのは分かっていても、「上から○番目のガイドに破損アリ」など、メモを添えておけば、修理して販売もできるので、正直に申告しましょう。ロッド買取もまた、人と人とをつなぐ大事な作業なのです。

次に使ってくれる人に

できるだけ買った時に近い状態で、綺麗なまま引き渡す事がロッド買取のマナーだと思います。誰かがあなたの使っていたロッドを手に取った時、欲しくなるかどうかは大事に使われていたと云う記憶を、次のユーザーが感じればこそ取引が成立するのだと、手放す時に考えるようにしましょう。

広告募集中